忍者ブログ
*.*•:•:*¨*:•:•:*. 日々のつぶやき♥ *•:•:*¨*:•:•:*.*
私の場合、夢は何かのシグナルだったりすることがよくあります。
でも個人的には夢占いとかの本にはあまり当てはまらず、妊娠した夢をみた(2日連続で)→妊娠していた、知らない男の人に怒鳴られた夢を見た→男難などといったふうに比較的ストレートに出てきます。

それ以外に気にかけている人のことは結構夢に出てきます。動物も。

今日はもうこの世にはいない方の夢を見ました。
その人から電話があった夢。(夢の中でもその人がもういないということはわかってはいましたが、)とても温かい優しい気持ちが伝わってきました。笑っているような、なんともいえない光が夢の中に広がりました。

がんばれというのともまた違う、優しさに満ちた光の洪水という感じでした。「また今度」と手を振りあう感じに似ていた。

カードを数枚引いてみました。
気になる夢を見たときはその意味を占うこともあります。
夢に対するとある質問にカップの10が出ました。

あの柔らかい穏やかな優しい光はカップの10っぽかったし・・。
「がんばれ」というのではなく「包むような優しさ」。

別に自分が自分でいられればいい。無理をすることはない、そう言われた気がして。

背伸びをすることもないし、でもやれることをやっていこう、それを一緒に笑い、願ってくれているのかなと思わせてくれるような夢でした。

その人が亡くなる前に、私に託してくれた手紙の内容を思い出す。

それに対して、今この一瞬「どうもありがとう」しか言葉が浮かばないけれど。



PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
何度も同じ夢を見たことはあります。
二週間連続で同じのを見た時もあります。
そんなにも連続してみたことは、後にも先にもないですが。
昔、亡くなった人が夢に出てきて、自分が昼間悩んでたことに関して、会話のようになっていたことがありました。・・ぴったり冥王星が太陽に重なっていたので、もしかしたらそういう出方をしたのかもしれませんね。今ではそういったことはなくなりましたが。

夢は不思議です。
もちろん意味不明な夢もあるけれど、「単なる夢」じゃないこともままあります・・。

じゃあなに?といわれると説明つかない話なのですが。
マリア 2009/08/25(Tue)08:08:40 編集
インフルエンザ
最近、知ったことなのですが「インフルエンザ」というのは、16世紀にイタリアの占星術師によってつけられた名前だそうです。冬季になると発生し、春を迎える頃に終息するので、当時の占星術師は、天体の運行の「影響」によって発生するものと考えていたようです。それで、「影響」を意味するイタリア語influenzaと名付けたようです。フィリッポ・マリア・ヴィスコンティ公爵の一人娘ビアンカの結婚式のお祝にボニファチオ・ベンボ画のヴィスコンティ・タロットが作られたのが1441年といわれれいますので、ミンキアーテ・カードが、イタリアの市民に広く流布し、カードゲームが流行し始めた頃のことだと思います。聖杯10は、「平和」のカードで、すごくよいカードですね。若い頃、夢ノートをつけていたことがありましたが、最近は、あまりよい夢を見ることはなく、うなされることが多いです。同じ夢を繰り返し見ることが多く、夢の世界の街の道順まで、覚えているところが不思議です。

エトワール 2009/08/23(Sun)23:00:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Profile
HN:
Marie Iris
性別:
女性
趣味:
ガーデニング、音楽
New Topics
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア

✦Innocence✦

Bird Fairy

Bird Paradise

コザクラインコがついてくる

ブログ・スイッチ
フリーエリア







忍者ブログ[PR]
あなたの運勢は?


-Angel Tarot One Oracle